エゾ庭あそび

北海道の庭初心者のブログ

ゴールデンカムイと私事

今お気に入りの漫画にゴールデンカムイがあります。

「カムイ」という言葉を聞いて普通は何を思い浮かべるのでしょうか。

私の場合、「カムイ」と聞くと真っ先に浮かぶのはアイヌです。

私は生まれも育ちも旭川で、近くに神居古潭(カムイコタン)がありアイヌの神話も何かしら読む機会があり多少は知っていたからです。

なのでゴールデンカムイは北海道のアイヌをもとにした創作なのだろう位の認識でした。

実際読んでみると北海道の歴史やアイヌの文化をしっかり調べて作られていてとても興味深く引き込まれました。この漫画のギャグ要素もすごく好きです。

 

ゴールデンカムイの出だしは砂金採りの場面だったかと思います。

もうここからしてとても親近感が。

母方の祖父母が生前浜頓別(はまとんべつ)に住んでいて、昔いとこたちと浜頓別のウソタンナイ川に入って砂金堀体験(有料)をしたことがあったからです。

採れてもほんの少しで「あんまり採れないもんだな~」と子供ながらにぼやいていたのを思い出しました。

北海道でカタカナの地名は大体アイヌ語由来なことが多く、ウソタンナイもアイヌ語

「お互いに滝が掘っている川」という意味だそうです。

ちなみに同郷の旦那に聞きましたが川で砂金採りをしたことはないそうです。

旭川は川のまちですが砂金採りができる川はないようですね。

北海道は砂金がとれる場所がわりとあるとは言え、どこでもとれるわけではないのです。北海道は広いので、機会がなければ砂金採りなんてそうそうしないものなのでしょう。

浜頓別に墓参りに行く途中、中頓別の道の駅のお土産コーナーで砂金ラーメンを見かけ買ったことがあります。あの辺も砂金が採れるんですね。

 

話はまた浜頓別に住んでいた祖父母に戻ります。

祖父母達はその前は樺太(からふと)に住んでいたそうです。

樺太というのは戦前の呼ばれかたで、現在のロシア(昔のソビエト連邦)のサハリンのことです。

戦前はサハリンの南半分は日本の領土だったので秋田で結婚した祖父母は親戚と一緒に樺太に渡ったそうです。

しかも祖父母が暮らしていたのは敷香(しすか)というところ。

そうゴールデンカムイにも出てくる所です。…親近感を通り越してこの地名まで出てくるとは驚きました。

旭川の第七師団、アイヌまではまああるとして砂金採りに樺太の敷香…こう重なることもそうそうないのではないかと。ゴールデンカムイの登場人物の谷垣一等卒が秋田出身というのもかぶりますかね。私の曾祖父はマタギではなく鍛冶屋だったそうなので職業こそ違いますが。

 敷香は今はロシアの領土なのでポロナイスクという地名になっています。

 「樺太ではいい生活ができていたのに」とお酒が入ると祖父はよくぼやいていたそうです。

というのも日本が第二次世界大戦で敗けると戦後のどさくさに紛れてソ連(ロシア)が領土の拡大を目論んで攻めて来たのです。

樺太に住む日本人は脱出しようとみんな大泊(おおどまり)など港のある都市を目指しましたが祖父母たちは落合(おちあい)という場所で列車が停められてしまい結局1945年の8月には樺太から脱出できずそのまま2年樺太の柵丹(さくたん)という所で生活させられたそうです。

まあ、無理して1945年8月20日の引揚船に乗ってたら22日に留萌沖増毛沖ソ連(国籍不明とされていますが)の潜水艦に魚雷で攻撃されて沈没して亡くなっていたかもしれなかったので結果として樺太に留まって良かったのかもしれません。

この1945年8月22日のできごとは三船殉難事件(さんせんじゅんなんじけん)といいます。

三船殉難事件はwikiにも記載がありますが北海道留萌沖の海上樺太からの婦女子を主体とする引揚者を乗せた日本の船3隻(小笠原丸、第二新興丸、泰東丸)がソ連軍の潜水艦からの攻撃を受け、小笠原丸と泰東丸が沈没して1,708名以上が犠牲となった事件です。 

魚雷攻撃で沈没した船から海に投げ出された人々に機銃掃射を行いとどめを刺したとか…ほんとおそロシア。ひどいことに白旗上げていても攻撃されたそうです。

この事件で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

もしこの三つの船のどれかに祖父母が乗っていたら亡くなってたかもしれず、そうすると北海道に来て母が生まれることも父と出会うこともなく二人が結婚後旭川にきて私が生まれることもなかったでしょう。

誕生日が同じ日なせいもあり、なんだか他人事とは思われず。

ちなみに私が生まれた頃両親が住んでいたのは旭川にある北海道護国神社の近くだそうです。北海道護国神社自衛隊の向いにあります。

wikiによるとここも第七師団にかかわりが深い所のようです。んー、どんだけ。

その後、アイヌの妖刀伝説のある地域に引っ越しましたが通う高校がまた護国神社の近くになりそして大学は川村カ子トアイヌ記念館の近くだったとかでゴールデンカムイが世に出る前からもうすでにゴールデンカムイまみれでした。

ちなみに大学生の時に特に興味なかったのにもかかわらず網走監獄も見に行ってます。

ゴールデンカムイを読んでから改めて見に行きたいなーと思っていたら、旦那がゴールデンウィークに網走監獄を見に行くプランを立ててくれてました…。

実は旦那はゴールデンカムイを読んだことがないんです。そして私もまた行きたいとかまだ何も言ってなかったのですが…。

うーん、ゴールデンカムイてなんか神ってる。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

11月の個人面談で進路相談

アオオニくんの通う学校では知的と情緒と肢体不自由の3つの支援級があります。

アオオニくんは入学から現在(小2)まで情緒学級に在籍しています。

その学校では国語と算数は支援級で授業を受けその他の科目は通常級で受けます。

クラスの場所も1、2年生のうちは同じ階なので移動もすぐです。

また支援級だけ「自立」という時間があります。

他校の支援級との交流やその他の行事もあるのでその分通常級より授業がどうしても遅れがちになるのがちょっと気になっています。

それでもアオオニくんに合わせて指導して下さっているので遅れるのは仕方ないことかと自分を納得させていました。

 

アオオニくんは夏休みに児童相談所で受けた田中ビネー知能検査Vで

IQが70(7歳4ヶ月当時では5歳2ヶ月相当の知能)と判定されました。

同じ学年の子達は8歳になってる子もいるので2~3歳のハンデがあるんですね…。

早生まれなのであとほんの数日遅く生まれてたら学年が一つ下になるのでまだハンデが少しは縮まってたのですが…。

 アメリカのように留年しても受け入れられる社会なら本人の為に良かったのにと思ったこともありますがここは日本なので…。

とりあえず小学生のうちは支援級に在籍していれば支援級の先生に気にかけてもらえるので今のところはいいかなと。

ただこれから先、つまり中学校やその先をどうするかでふと色々わからないことが出てきました。

単純に中学でも支援級を選択するつもりでいたのですが、その先、つまり特別支援の高等学校(高等養護学校)に行くなら療育手帳がないと入れないとネットで見かけて気になり出しました。

アオオニくんは今回は療育手帳を取得できましたが、IQが70なのでこれより上がるとたぶん取り消しになると思います。前にIQが75の時にはだめだったので(困り度は変わってないんですけどね)。

その辺は数値的なしばりがあるのでしょうか。まあ、お役所仕事て感じですかね。

もし4年後の6年生になってからの検査でIQが75とかそれ以上になったら療育手帳はもうもらえないから中学からは無理してでも普通級に入れたほうがいいのかな? 

普通級に入れないとテストもしない?から5段階評価できないだろうし

そしたら普通高校を受験できなくなったら困る?と色々疑問点が浮かび上がり

…これは聞かねば、と。

支援級の先生に相談の日を取り付け学校に行ってきました。

 

まず療育手帳をもっていることが特別支援の高等学校(高等養護学校)に入る条件となっているかについてですが手帳がない場合は診断書を出す人もいるとのことでした。

まあ、あったらいいけどなくても大丈夫と先生。

児童相談所に言えば手帳はなんとかなる、的な。

いやいや、うちIQ75でダメだったってば。

先生が言うには小・中で普通級だった子が特別支援の高等学校へ行く為に療育手帳を取得して行ったとか。

…いや、それ、ほんとなの~?

IQが70以下だったの無理やり普通級行かせてた、とか?そして親が児童相談所にごり押しで手帳取得したのか?…なんだか闇を垣間見た気が。

まあ、あるに越したことはないのかも…。

 

意外だったのが、支援級在籍でもテストさえ受けていれば5段階評価してもらえるということでした。その場合中学入学時にしっかり支援級の先生に「普通高校に行きたいのでテストを受けていきたい」旨伝えないといけないみたいです。そうしないと通常は普通級がテストの期間、支援級ではテストではなく別の作業(特別支援の高等学校で行う障害者雇用の為の職業訓練にスムーズについていくための訓練)をするので3年生になってから普通高に行きたいと言い出したら後の祭り状態になってしまうと…怖っ!!

でもここでまた疑問が。今のアオオニくんの状態では卒業時に普通級の子たちの学習進度とかなり差が開いてしまうのはわかりきっています。それで中学でいきなりテストといっても...。

実はテストをまだ一度も小学校で受けたことがなかったアオオニくん。

支援級はテストをしないものなのかな、なんてのんびり構えてしまってました。

実はやってもほとんどできなくて本人が自信をなくしてしまうかもしれないことからテストをやってこなかったと説明されました。

えー、なにそれ。

とりあえず「テストの出来が悪くてもいいです、テストがどういうものかを体験させるのも大事だと思うのでこれからは受けさせて下さい」と伝えました。

中学でいきなりテストは無理ゲーでしょ。

なぜか手違いで算数の教科書の下が支援級分だけ届かず掛け算の九九にすすめていないとか言う話を聞き(なんじゃそりゃ!)

「九九もやってください」とお願いしました。

普通級の子はもうほとんど九九終わってるのに始まってすらいないとかな…。

たぶん言わなかったら3学期に持ち越されてたかも…。そして3学期でも終わらず3年生に持ち越されてたかも…。

あまり差がひらき過ぎると子供たちも劣等感持ちそう。

 

今回の面談で上記のような中学校の支援級の話の他に

支援級から行く子はこの辺だとどこの高校に行く子が多いのか

またどこの特別支援の高等学校(高等養護学校)が人気かなど

色々ざっくばらんに話を聞けたので良かったです。

進路についてはとりあえず、どちらも選べる状況にしておいて高学年になってから本人に意思確認すればいいかなと思っています。

特別支援の高等学校に行ければ障害者雇用の為の職業訓練もあり障害者雇用枠で採用されるという未来を描きやすくなるのでしょうけど。

本人が勉強に興味を持てば普通高校に進学することもあり得るし。

今はただどちらでもいいようにこの先本人が困らないように状況を整えるのみです。

 

あと、児童相談所でする検査(田中ビネー知能検査V)は略式なのでもっと詳しく検査

したい時WISC-IVの検査を学校ですることができると言われました。

WISC-IV(ウィスク・フォー)は名前は聞いたことがあったのですが、やってもらったことがありませんでした。

教育支援センターの方に学校に来てもらって検査をしていただけるそうです。

 え!すご!

ウィスク、て病院とかで予約いっぱいですごく待たされてやっとできる検査、なイメージだったけど、学校の先生から教育委員会に連絡するだけでできちゃうんだ…。

なんだか棚ぼたな感じ。

ということでこの冬休み中に検査をする予定です。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

療育手帳で自動車税減免

2019年ですね、明けましておめでとうございます。

ブログの更新滞ってました(^^;

下書きを11月にしておいて途中放ってました(^^;

なので以下は11月の話になります。

 

 

夏休みに児童相談所でしてもらった田中ビネー知能検査VでIQ70だったので

面談後療育手帳Bを取得できるということになり市役所で手帳申請の手続きをしたのが8月のお盆前の話。

1ヶ月位で届くと思いますと市役所の窓口で言われた2ヶ月後の10月の第二週の週末位に手帳が来ているので受け取りに来てくださいと通知が

手帳には10月1日付けで北海道から交付となっていました。

初めての療育手帳なのでどういうサービスが受けられるかという説明を窓口で受けます。

ネットでだいたいは知っていたものの、その中でも特に気になっていたのが自動車税の減免という項目でした。

B判定だったので普通自動車限定の免除ということでしたが詳しくは総合振興局で聞いてくださいとのこと。

 

電話して聞いてみると

「自家用車を手帳に記載の子のために週1回以上使用している実績が6ヶ月必要でまたその証明が必要」という内容のことを言われました。

放課後デイサービスは週1回以上利用していましたが施設の車で送迎してもらっていたので該当しません。

病院には年に3~4回位自家用車で片道1時間かけて通っていますが週1ではないのでこれもダメです。

使えないじゃん!Σ( ̄□ ̄;)

…いや、せっかく手帳取得しておいて使わない手はないよね?

現在の放課後デイサービスの利用は週2回以上なのでそこで週1回でも自家用車を使用して送迎する実績を半年分作れば良いってことだよね?

と思ってデイサービスの先生に相談しました。

デイサービスの車で今まで送迎している分は総合振興局に連絡済みだけどこれからの分で週1回自家用車を利用するのは何も問題ないので半年の実績後に証明書へサインすることを了承してもらいました。

週1回と言ってもデイサービスが終わってから自家用車で迎えに行くだけだから楽勝ですね。

だって、お兄ちゃんは1歳半から就学までの間、別の療育施設に通っていたのですが幼稚園の年中までは親がずっと活動にも付き添ってないといけなくて2時間は丸々潰れてしまっていたからそれに比べたら迎えに行くだけだしそんなに手間じゃないな、と。

 

でももっと早く療育手帳自動車税減免できること知ってたら…。

 

我が家の場合、11月末位から自家用車使用を始めたので5月末位で実績ができ、それから証明書を提出して承認されれば支払った自動車税の減免分のお金が戻ってくるらしいです。

てっきり半年の使用実績が出来て以降の期間の減免だと思い込んでいたので遡って減免されると聞いてよっしゃp(^^)qてなりました。

まー、ちょっとだけ、手間ですがそれで自動車税の負担が少なくなるなら母がんばります。

 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

「一面の雪景色」は遅刻フラグ

水曜日の朝カーテンを開けると雪がうっすらと積もっていたので
「わー、外の景色、白くなってるよ~。」
と息子アオオニくんに話かけると
「ふーん」
と興味無さげ。
まあこれからの季節ウンザリするほど見るものだからね。
それでも久々の雪なら少しは心踊らないものかな( ´_ゝ`)?
2年生になってクールになったの?


去年のこの日、つまり外が雪景色に一変した日
いつもは家を出て10~20分で学校に着くアオオニくんが

家を出てから30分以上経っても

児童見守りシステムからの登校通知メールが届かなかった。

まさか何かあったのか、と携帯の前でヤキモキしてたら

家を出てから40分位した頃に登校通知メールが届いた。

後で聞いたら雪で遊んでいて遅刻したそうだった・・・。

この時のことがチラッと脳裏をよぎったけど

今朝の感じなら大丈夫だろうと特に登校の際注意をしなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・やっぱり残念なことに遅刻した。

帰ってきてから聞くと案の定

「雪だるま作ってた」

がくー、デジャヴだ、これ去年とおんなじヤツや。

もうこれからは毎年気をつけさせねばと心に誓った。

そしてみぞれ交じりの雪の中、傘を差して登校したのに、

・・・残念なことに忘れてきた・・・しかも実はこれ2本目の傘だった!

月曜日に朝傘を差して登校して学校に置いたまま放課後デイサービスの車に

乗ってしまったアオオニくん。

火曜日朝は降ってなかったけど帰りに雨が。

ちょうど傘を置いてきてるから良かった、それ差して帰ってくるでしょ

と迎えに行かなかったところビショ濡れで帰ってきた。・・・なぜだ・・・

 

下の子は

「また傘買ってあげればいいんじゃない?」

ていうけどそういうことじゃないんじゃ?

・・・でもやっぱもう1本買っとくかなと思ったのは

次の日も学校に2本とも忘れて帰ってきてしまったから。

3本は必要なのかな、アオオニくんには。

 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

5年前の母子入院のこと

 うちのお兄ちゃん、アオオニくんは1歳を過ぎても9~10か月位の子が食べるような離乳食を少ししか食べなかった。

つまり普通の子の倍以上、離乳食期があったとも言える。

毎回刻み食作るのも大変なのでレトルトにかなりお世話になったけど、美味しくないものが多いようで食べてくれないことも多かった。

栄養面で不安だったのでミルクを栄養補助としてずっと飲ませ続けていたけど2歳になっても食事に変化がなかった。

ミルクをやめれば食べる量は増えるかと考え、3日位でやめさせることが出来たが

それでもあまり食べられない。

通っていた発達支援センターでの道立病院の医師による個別相談の際に相談したら

母子リハビリ入院をすすめられ10月に予約。

 

一番の悩みは食べないこと。ごはんだけでなくおやつもほとんど口にしない。唯一食べれるおやつは小さいカップゼリー。玉子ボーロでさえ牛乳に浸してもわずかしか食べようとしない。

食べれないこと以外にも気になることはあった。

 

言語の発達の遅れ

当時は人の言ったことを丸々オウム返し。自分のやりたいこと等をあまり言葉で伝えようとしなかった。

 

癇癪

寝起きに必ず目をつり上げてかな切り声で30分は叫び続ける、名付けて癇癪絶叫。

叫んでる時はどんな言葉をかけても全く応えない。

叫ぶ音量というか高さなのか、部屋にある金属がビリビリ震動する位と当時の記録にあった。そのうち声で皿とかグラス割るんじゃないかと思うレベル。

 またこの頃はまだドライヤーや歯磨きの後も短時間の癇癪絶叫があった。

聴覚過敏と感覚過敏が今よりひどかったのだろう。

 

この頃が一番大変だった。いくら食事に気を配ってもほとんど食べてくれず先が見えない不安の中で、先輩お母さんから育児楽しんでる?と言われるのがかなりストレスだった。

育児なんて楽しめないと思う私は母親失格なのか、と落ち込んだ。

育児を楽しめとか頑張れとかそういうのを当事者に言うのは本当に余計なお世話だから私はしないでおこうと思った。

話がそれてしまった。

母子入院した時、アオオニくんは2歳半。

 一般の2歳半の子はイヤイヤ期なのだろうが、当時のアオオニくんは自分の感情を理解することもましてやそれを人に言葉で伝えることもまだ出来なかった。何が欲しいかも自分で言えなかった。クレーン現象さえなく何を欲しているか常にこちらが気にかけなければならない状態。

食事も自分でスプーンやフォークを持って食べたがらない。

仕方なくいつも親が食べさせていた。

他の小さい子と一緒に食事をする機会がなかったので

入院で同じくらいの年頃の子が各自スプーンを持って食べているのを見たことがいい刺激になり少しだけ自分で持つようになった点は入院して良かった。

個別にリハビリ指導してもらえたり入院中は相談する相手に困らなかったのでそれまで抱えていた疑問など解決しないことの方が多くとも吐き出せるのはいいことだった。

 

だけど1カ月の母子入院は大変なことの方が多かったように思う。

自分の家での生活とは勝手が違いその微妙な違いがたび重なるのは意外と大きいストレスになる。

使いづらい部屋(衣類を収納したり物を干すのが不便と感じる量しか出来ない)

使いたい時に使えない道具や場所(掃除機、洗濯機、風呂)

子どもを常に連れ歩かなければならない(トイレに行く時も、ゴミ出しするときも)

事故を防ぐために洗濯部屋やゴミ置き場など使用後は常に鍵をかけるよう気をつける。

また時間に追われて休む暇がなくて心身ともに疲れた。

起床、食事、朝の集まりまでの合間の時間で自分の部屋の掃除機かけ(掃除機が2台しかなく早いもん勝ちというのが面倒。しかも吸引力弱すぎ)。

洗濯は4台しかない洗濯機を予約して順番がきたら使って隙間時間で自分の部屋に干したり畳んだものを整理したり。

朝の全体の集まりの後、OTやSTの先生による個別リハビリ指導、集団保育、空き時間は各自保育室で子どもを遊ばせるけどそこで攻撃的な子に突然叩かれたり噛みつかれたりしてストレスがたまっただろうアオオニくんが自分の髪を自分で引っ張るようになったり…。

子どもが昼寝してる合間もお母さん達は講習会。

その後夕方までの空き時間は自主リハビリの時間。

夕方から夜にかけては一つしかない風呂を予約。お湯をはる時間(15分位)~入浴、着替え、使用後の掃除を合わせてたったの40分しか与えられない。大人1人なら余裕の時間でも発達障害の子どもと一緒にするにはギリギリの時間。

風呂を夕食の前、余裕を持った時間に予約しないと食事を下げられる時間が決まってるので夕食も慌ただしくなってしまう。

食べるのが早い子ならパッと夕食を済ませてから入浴することもできたが

アオオニくんは食堂に最初(6時半)に入っていつも最後(7時半)までいるので

子どもの就寝時間が8時と決まっていて風呂も8時までだったので夕食後の風呂は無理だった。

寝る前の歯磨きもアオオニくんの場合絶叫タイムになるし就寝までにその日一日のことを療育ノートに書いて後で提出しなければならないので本当にゆっくりする暇がない。

収納や物を干すスペースのあまりない部屋は衛生上の理由とかでじゅうたんも敷いておらず冷たい。

病院なのにベッドはなく床に直接薄い布団を敷く。シーツ交換も空き時間に自分で。

朝の起床後アオオニくんは毎度の癇癪絶叫、それに構う時間の余裕もなく慌ただしく布団を片付け絶叫が収まり次第朝食へ。

食事は毎回最初に食べ始めるのに時間ギリギリまで食べてる(でも食べ終われない)。

毎週末には外泊届けを出し病院の食事をいつ止めていつから開始するかも届け出てから片道一時間位運転して自宅まで帰る。

やっと休めると思ったら、旦那は義父母を呼んでいて皆で外出する計画を立てていた。

本当に無理過ぎてその時は外出を拒否した。

義理の父母には本当に申し訳なかったのだけど。

もう本当につらかった。

疲れからかストレスからか治療中の歯が病むようになり、夜8~9時のお母さん達の交流にも参加できる状態ではなかった。

ストレスはアオオニくんもあったようで、病院の自室に戻ると絶叫することがあった。また週末の帰宅中もよく絶叫するようになった。

 

結局、1カ月の入院で摂食指導を受けたからといって劇的に食べられるようにはならなかった。

入院前は私の料理に問題があるのかと思っていたけどそういうことではなく、単に感覚過敏による飲み込む際の苦しさからの摂食障害だったようだ。

ただ他の小さい子と食事をするという経験ができたのは良かった。

少しだけ食事に興味を持てたように思う。

また、今まではあまり強い欲求がなかったのか自分の意思を表示することがなかったが、今回の入院中よっぽど家に帰りたかったのか

「おうち、行く。ブーブー(ハンドルを回す仕草をして)くるま」

と言って私の手を引いて病棟の出口まで引っ張って行くことがあった。

何度か言われ私も揺らいだけど

「まだ帰れないの。パパとお話しようか。」

と電話で旦那の声を聞かせて落ちつかせた。

 

退院後は引き続き言語聴覚士による言語療法、小児精神科、リハビリ小児科にそれぞれ半年に1回ペースで通った。

 摂食にあまり改善が見られない為、リハビリ小児科では診察の度に母子入院をすすめられた。

入院しても劇的に改善するわけでもなかったし、デメリットの方があったので母子入院はもう申し込まなかった。

 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

イチョウ

テレビで見るたびにいつか見に行きたいと思いつつ、まだ行ったことがなかった北大のイチョウ並木。

11月4日の日曜日、ちょうど天気も良く予定も特になかったので急に思い立ち家族を引き連れ行って来ました。

 今年は暖かいので昨年より一週間紅葉のピークがずれたらしく、ちょうどタイミングが良かったようです。

片側一車線の道路を挟んで枝を伸ばし合って黄色いトンネルをつくるイチョウ並木。

少し散り始めていた葉の隙間から見える空の青と葉の黄色の対比が綺麗で来て良かったと思いました。

f:id:kitanoyukinko:20181110130910j:plain

 木の下を歩いてると風がたいしてないのに時々黄色い葉がパラパラと散ってきます。

見に来てる人達は黄色く染まったイチョウをバックに写真を撮ったり落ち葉を拾ったりしてその場を楽しんでおり、私達も穏やかで楽しい時間を過ごせました。

うちの子達もイチョウのキレイな葉や顔位の大きさの何かの葉を拾っていて

なんだか天狗のウチワみたい、とちょっと吹き出したり。

f:id:kitanoyukinko:20181110132659j:plain

 

今回はざっとしか見てないですが、見た範囲では乳銀杏は見つけられませんでした。

乳銀杏というのは

雄雌関係なく木から乳のように垂れ下がる枝のようなもの(乳根)を持つ銀杏のこと。

乳根とか乳と呼ばれるこの棍棒状に垂れているものが何の為にあるのかいまだに分かっていないそうです。気根とも違うそうで。

銀杏で樹齢のいった木の中に発生するものがあるらしいですが、樹齢がいってても発生しないものはずっとしないとも言われています。

神社の御神木クラスだとよくあるようで、乳根に触ると乳の出が良くなると言い伝えのある木もあります。見た目からご利益あるように思われたんでしょうね。

そんなことを知らなかった時に、函館の旧イギリス領事館の敷地内で枝から垂れ下がってる乳根を見たときは「この木、何かの病気なのかな」と思ったり。

でも物珍しさからちゃっかり記念撮影してました(^o^;)

f:id:kitanoyukinko:20181110133401j:plain

私は届かなかったけど夫は乳根をわしづかみ。

f:id:kitanoyukinko:20181110133454j:plain
f:id:kitanoyukinko:20181110133440j:plain

懐かしくなってアルバム開いてたら

おにいちゃんが

何見てるの?と。

結婚前にパパと函館行った時の写真だよー。と教えたら

「デートか。」

てツッコミ。

息子さんもそんなこと言うようになったのねー、フフフ( *´艸)

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

ここにできる、ガウラの種

  昨年のこぼれ種で今年の庭は様々なガウラ

(草丈の大小、花色はピンクや白)でにぎやかになり

これ以上生えてもらっても困るので

今年は種がこぼれ落ちる前に自分で先に採種しておこうと思い

ガウラの種がどこに出来るものなのか検索。

なになに?花が下から順に咲くから

結実するのは花が咲いてる所より下の部分です、と。

今時期は一番上の花が咲いてるものが多い。

花が上についてるものを引き寄せると…

ありましたね~↓ 下の部分の茎に直でくっついてます。なるほどこういうことか…。

f:id:kitanoyukinko:20181027180103j:plain

↓花によってはモリモリのプリプリについてました。…いや、つき過ぎデショ。

f:id:kitanoyukinko:20181027180140j:plain

↓これは大粒過ぎ↓

f:id:kitanoyukinko:20181027180220j:plain

種のつきやすいものとそうでないものがあるのか

株によって種のつき方はマチマチでした。

草丈が60センチ以上の株は花色にかかわらず結実しているものが多かったです。

矮性のものは結実しにくいのか種が見当たらずあってもわずか。

種の採取は、立ち枯れてから種のついた茎を新聞紙などの上で振ると

パラパラと落ちるのでそれを集めれば良いそうです。

今回は立ち枯れる前の茎でしたが熟してたのか?

ちょっと触っただけでポロっと落ちるものもありました。

落ちないのはたぶんまだ熟してない?

こぼれ種防止の為プチプチっと一株分もぎ取っておいたのですが

もいだ種が発芽しないのかどうかもちょっと気になるところです。

 

現在我が家にあるガウラは

お店で購入したものが一種類

矮性ガウラ マーヤ ダークピンク

(説明書きでは矮性なので成長しても40~60センチ位とのことでしたが

 ワサワサと増えて草丈も優に80センチ位はあります…。)

あとは

マーヤ ダークピンクとピコティが交雑したと思われる

第2世代がおおまかに6種類

(ピンクの色は実際は濃淡の差がありましたがまとめてピンク花と表記)

ピンク花        20~40cm 超矮性
ピンク花        40~60cm ダークピンク並みの矮性

ピンク花        80~120cm 大きめ
白花          40~60cm ダークピンク並みの矮性

白花          80~120cm 大きめ
白にピンク絞りのフチ? 60~90cm やや大きい ピコティがこんな草丈だった

 

白花には超矮性のものはありませんでした。

(あくまでこぼれ種から自然発生したものですが)

 

ガウラは他家受粉するそうです。

なので種ができてもその花色がどんな色になり草丈がどれくらいになるのかは

育ってみるまでわかりません。

同じものを増やしたいときは挿し芽をするのが確実です。

今回できた株の中では白に絞りピンクのフチが入ってるのが

一番ピコティに近かったです。

f:id:kitanoyukinko:20181027145453j:plain

 

交雑して出来た株は自然発生したものなので

狭いところから生えてきたり

生えてきた2~3株を庭の後ろの方に列植したら

一つだけ草丈が低すぎたり

芽が出てる所のすぐ側から別の芽が出てきてしまったり

とにかく自由なガウラ達

…来年レイアウトし直したいです。

 

ガウラの株数は我が家の狭い庭にはもう充分なので

これ以上は増やすつもりはないですが

もしまた野ネズミに食べられてダメになった時の保険として

種は保管しておきたいです。

 ちなみに種蒔きは桜の咲く頃がいいらしいので

北海道だとゴールデンウィークを過ぎてからかなー。

野ネズミ(エジヤチネズミ)次第ですかね…。

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村